訪問看護とはなに?

訪問看護とは、主治医の指示書のもと、看護師などが自宅や高齢者ケア施設を訪問して行う看護(療養上の世話又は診療の補助)のことです。病気や障害により医療機器が必要な方も、住み慣れた場所で最後まで暮らせるように、多職種と協働しながら療養生活を支援します。

サービスの紹介

健康状態の観察

「看護の力」の特徴

療養生活のお世話

「看護の力」の特徴

●栄養・食事摂取のケア
●排泄のケア
●清潔のケア
●療養環境の整備
●ねたきり、床ずれ予防
●コミュニケーションの援助

終末期(ターミナルの看護)

「看護の力」の特徴

●がん末期や終末期を自宅で過ごせるよう支援

医療処置・医療機器管理

「看護の力」の特徴

●呼吸器管理
●点滴、注射、血糖測定、インシュリン注射
●カテーテル管理 (胃ろう経管チューブ、留置カテーテル等)
●吸引・吸引指導
●排泄管理 (自己導尿・人工肛門・人工膀胱・浣腸・摘便)
●透析管理
●在宅酸素
●床ずれ処置、予防指導

認知症の看護や精神・心理的看護

「看護の力」の特徴

●認知症への対応方法
●生活リズムの調整方法
●事故防止のアドバイス
●内服薬の管理
●社会参加への相談

在宅でのリハビリテーション

「看護の力」の特徴

●拘縮予防・維持
●筋力低下予防、維持
●機能訓練、指導
●日常生活で行う動作の練習、指導
●福祉用具選択や住環境の整備の助言

介護者の支援

「看護の力」の特徴

●介護方法の助言
●不安やストレスの相談
●介護用品の相談
●地域の社会資源の相談・他機関との連携

ご利用の流れ

く医療保険で訪問を利用する場合>

赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関わりなくご利用いただけます。
ご利用の際には、かかりつけ医の指示書が必要となりますので、ご希望される方はかかりつけ医にご相談ください。

<介護保険で訪問看護を利用する場合>

「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネージャーに相談し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

ご利用料金

費用・各種加算についてはステーションの看護体制、利用者の状態、訪問する時間帯などの条件によって違いますので、詳細につきましては、訪問看護ステーションにお問い合わせください。 *この他に、「その他の利用料」として自費のサービスもあります。

※訪問看護事業協会パンフレットより抜粋

介護保険の料金表はこちら

医療保険の料金表はこちら

各種書類のダウンロード

各種書類をダウンロードできます。

訪問看護に関する各種書類
訪問看護利用申請書
訪問看護指示書
特別訪問看護指示書