職員紹介

所長/管理者
 安藝 奈々枝
看護師/皮膚・排泄ケア認定看護師、フットケア指導土

兵庫県立姫路循環器病センターで手術室、外科・心臓血管外科病棟、集中治療室にて24年間勤務。在職中の2014年に、皮膚・排泄ケア認定看護師資格を取得し、皮膚・排泄ケア認定看護師として5年間従事。

在職中には、皮膚・排泄ケア領域の院内システム構築を行い、褥瘡対策やストーマケア、排尿ケアに取り組む。また、病院スタッフヘの教育支援、市民向けの講演、フットケア教室、医療福祉関係者向けの公開講座、セミナー講師など実施。

在職中には、皮膚・排泄ケア領域の院内システム構築を行い、褥瘡対策やストーマケア、排尿ケアに取り組む。また、病院スタッフヘの教育支援、市民向けの講演、フットケア教室、医療福祉関係者向けの公開講座、セミナー講師など実施。

メッセージ

医療の発展により日本は長寿国となり、病院ではなく地域で生を全うする時代へ移行しています。
しかし、在宅医療はまだまだ成長過程にあります。特に褥瘡やストーマ、様々な皮膚障害などの皮膚・排泄ケア領域の看護ケアは、病院と比較すると必要な時に必要なケアを提供できているとは言えません。自身の持っている知識と技術、これまでの経験を活かし、在宅療養されるすべての方へ質の高い看護ケアを提供し、皮膚・排泄ケア領域の発展に向け貢献していきたいと思います。
すべての人がその人らしくをめざし、私たちの「看護の力」を皆さまにお届けしていきたいと思いますので、よろしくお願いしたします。

スタッフ
 荒井 綾香
保健師/看護師

香川大学医学部看護学科卒業後、同付属病院の救命救急センター病棟にて勤務。
その後、病院や介護老人保健施設等で勤務。

メッセージ

日本は世界の中でも類を見ないスピードで高齢社会が進展し続けており、姫路市においても同様です。
このような背景もあり、病気や障害を抱えながらも、住み慣れた場所で生活できる社会へと成長し続けています。
在宅療養は、多くの人的・社会的資源で構成されるチームによって成り立っていますが、その中心は療養者の方であり、そのご本人の健康に対する意思を尊重しながら支援することが最も大切です。
また、それを支えている周囲の方々への支援も十分に行いながら、必要な医療や福祉サービスが切れ目なく受けられることで、その人らしく生を全うすることができます。
私たちはパートナーシップをもち、皆さまと協働しながら在宅療養を支援させていただきます。「看護の力」を、よろしくお願い致します。